RSS

スワンナプーム空港、住民が夜間発着差し止め請求

2007年11月21日(水) 23時07分(タイ時間)
【タイ】バンコクのスワンナプーム国際空港の周辺住民が21日、午後10時—午前5時の発着差し止めを求める申し立てを行政裁判所に行った。同空港を運営するタイ国営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は22日の取締役会でこの問題を検討する。

 住民側は騒音を理由にAOTに住宅の買い取りを求め、5月、9月に空港ターミナルで数百人規模の抗議集会を行った。

 スワンナプーム空港は昨年9月の開港当初から滑走路の亀裂やトイレの不足といった問題が浮上。免税店運営会社との契約破棄など、政治絡みのトラブルも多い。
《newsclip》