RSS

銃傷の仏人男性、タイ人武装強盗を素手で殺害

2007年11月26日(月) 23時14分(タイ時間)
【タイ】タイ北部チェンライ県メーサーイ郡で25日午前零時ごろ、フランス人男性(36)と妊娠8カ月のタイ人妻(31)が自宅前で武装強盗に襲われ、妻がけん銃で頭を2発撃たれた。仏人男性は肩を撃たれものの、強盗の頭を用水溝に押さえ込み窒息死させ、妻をオートバイに乗せ近くの警察派出所まで運び、助けを求めた。妻は搬送先の病院で帝王切開で女の子を出産したが、重体。子供は元気という。

 死亡した強盗はタイ軍の男性兵士(29)で、けん銃3丁を所持していた。借金の返済に困り犯行に及んだとみられている。タイ字紙タイラットが報じた。
《newsclip》