RSS

三菱化学、タイとインドでPPコンパウンド生産

2007年11月29日(木) 15時07分(タイ時間)
【タイ、インド】三菱化学は29日、100%子会社の日本ポリケムがタイとインドにポリプロピレン(PP)コンパウンドを製造する子会社を設立すると発表した。両国の自動車産業に供給する。

 タイでは塩ビコンパウンドの製造会社で三菱化学グループが69%出資するサンプレーン社の第2工場(東部チョンブリ県アマタ・ナコーン工業団地内)に製造設備を設け、2008年10月に稼動する。年産能力1万トン。投資額は約7億円。

 インドではラジャスタン州ニムラナ工業団地に工場を建設し、2009年4月に生産を始める。年産能力1.5万トン。投資額は約9億円を見込む。

 三菱化学は現在、日本、北米、中国にPPコンパウンドの製造拠点がある。
《newsclip》