RSS

マレーシアの二酸化炭素排出量、世界最大の伸び

2007年11月30日(金) 14時28分(タイ時間)
【マレーシア】国連開発計画(UNDP)は29日、マレーシアでは1990年から2004年までの間に二酸化炭素の排出量が221%増え、世界で増加率が最も高かったとの集計を明らかにした。排出量ランキングで、マレーシアは現在26位。

 UNDPは「マレーシアは既に二酸化炭素排出量の削減に取り組んでいるが、一層の努力が必要だ」と指摘した。
《newsclip》