RSS

タイ新空港の夜間発着差し止め訴訟、行政裁が棄却

2007年11月30日(金) 18時01分(タイ時間)
【タイ】バンコクのスワンナプーム国際空港の周辺住民359人が、同空港の離発着を午後10時—午前5時の間禁止するよう求めた裁判で、タイ行政裁判所は30日、アジアのハブ空港を目指す政策に大きな影響を与えるとして、訴えを棄却した。

 スワンナプーム空港は昨年9月の開港以来、滑走路の亀裂や免税店運営会社との契約破棄など様々なトラブルが発生。同空港を運営するタイ国営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は、騒音が激しい地域の住宅を買い取る方針だが、買い取り作業の遅れから、住民数百人が空港ターミナルで抗議集会を開くといった騒ぎも起きている。
《newsclip》