RSS

双日、ベトナムの食品卸大手に25%出資

2007年12月3日(月) 09時07分(タイ時間)
【ベトナム】双日は3日、ベトナム最大規模の食品卸会社であるフン・トゥイ・マニュファクチャー・サービス・トレーディング(HT)の発行済み株式の25%をHTの創業者などから取得すると発表した。

 HTは主に乳製品、飲料、菓子、調味料などの輸入商品を取り扱っている。ホーチミン市の2カ所に冷凍、冷蔵(チルド)、常温の3温度帯対応の大型物流センターがあり、販売先は同国のスーパーマーケット最大手サイゴンコープ、ホテル、レストラン、個人商店など2万社以上。

 双日は今年6月にベトナム2位の製粉会社に20%出資するなど、ベトナムの食品市場への進出を加速している。

 ベトナムは世界貿易機関(WTO)加盟により2009年以降に流通分野の外資規制撤廃が予定され、法改正後に外資大型小売業の本格参入が予想される。また、30歳以下が総人口の約60%を占め、食の西洋化が進み、食品需要も毎年10%以上拡大している。
《newsclip》