RSS

タイ熱延コイル大手SSI、冷延鋼板メーカーを子会社化

2007年12月3日(月) 22時08分(タイ時間)
【タイ】タイの熱延コイル大手サハウィリヤ・スチール・インダストリー(SSI)は4日、タイの冷延鋼板メーカー、タイ・コールド・ロールド・スチール・シート(TCRSS)の株式10.9%を他の株主から12億バーツで取得し、同社への出資比率を50%以上に引き上げると発表した。

 TCRSSは年産能力120万トンで、自動車、家電産業などに冷延鋼板を供給している。昨年の業績は売上高156.4億バーツ、最終利益4.9億バーツ。現在の出資比率はJFEスチール38.4%、丸紅37.6%、SSI8.8%だが、SSIは今年4月、JFEと丸紅からTCRSS株の31.4%を約35億バーツで買い取ると発表していた。
《newsclip》