RSS

タイモーターエキスポ、低価格プロトン車が健闘

2007年12月6日(木) 12時30分(タイ時間)
【タイ】11月29日に開幕したタイのモーターショー、「第24回タイランド・インターナショナル・モーター・エキスポ」の受注台数は12月3日までで計4884台となり、昨年同期を18%上回った。

 メーカー別では、米ゼネラル・モーターズ(GM)のシボレーが755台で2位、マレーシアのプロトンが250台の7位と健闘している。

 GMは乗用車「オプトラ」の燃料に圧縮天然ガス(CNG)を使用するタイプが売れている。プロトンは小型乗用車「Savvy(サヴィ)」(排気量1200cc)を「トヨタ・ヴィオス」(1500cc)や「ホンダ・ジャズ」(1500cc)より10万バーツ以上安い39.9万バーツで販売し、人気を集めている。

 日系メーカーは、トヨタ1262台、いすゞ706台、ホンダ685台、三菱自動車286台、日産277台、マツダ220台、スズキ61台だった。米フォードは113台。

 主催者のインターメディア・コンサルタント社は12月10日の閉幕までに受注台数1万7000台、受注額200億バーツを目標に掲げている。
《newsclip》