RSS

タイ発電公社、石炭火力発電所計画を1年延期

2007年12月13日(木) 13時26分(タイ時間)
【タイ】タイ発電公社(EGAT)は2014年稼動を目指していた石炭火力発電所の建設計画を1年延期する。建設地の選定が難航しているため。

 タイ政府は2021年までに発電容量を計2万5000メガワット拡大する計画で、このうち2800メガワットを石炭、4000メガワットを原子力発電でまかなう方針。ただ、石炭と原子力に対する国内の拒否反応が強いことから、ラオスからの電力輸入で対応する案も浮上している。
《newsclip》