RSS

タイ国営石油PTT、取引再開で2.7%安

2007年12月18日(火) 17時24分(タイ時間)
【タイ】タイ政府は18日の閣議で、国営石油会社PTTが所有するガスパイプラインと土地など151億バーツ相当(2001年の評価額)を財務省に移管し、PTTからガスパイプラインの賃貸料を徴収する計画をまとめた。PTTのガスパイプライン網の国への返却を命じたタイ最高行政裁判所の判決を受けたもの。

 PTT株のタイ証券取引所(SET)での取引は最高行政裁の判決があった14日朝から停止され、18日後場に再開された。18日の終値は13日終値比10バーツ(2.72%)安の358バーツだった。

 SET株価指数の18日終値は前日比3.72ポイント(0.45%)安の813.9ポイントだった。
《newsclip》