RSS

11月のタイ乗用車販売15%減、減税前で買い控え

2007年12月18日(火) 17時53分(タイ時間)
【タイ】トヨタ・モーター・タイランド(TMT)がまとめた11月のタイの新車販売台数は、乗用車が前年同月比15%減の1万3645台、1トンピックアップトラックが1%増の3万9140台で、全体では前年並みの5万7719台だった。来年1月から、ガソリンにエタノールを20%以上混合した燃料(E20)を使用する乗用車の税率が下がるため、乗用車の買い控えが広がった。

 メーカー別の販売台数は、日産が91%増、3051台、三菱自動車が23%増の2128台と好調。新車投入を控えたホンダは30%減の3506台だった。

 首位のトヨタは1%増、2万6173台、いすゞは4%減、1万6014台で、2社で市場シェア73%を占めた。

 1—11月の累計新車販売は56万6905台で、前年同期を5%下回っている。
《newsclip》