RSS

黒服のバンコク

2008年1月5日(土) 18時37分(タイ時間)
【タイ】黄色(プミポン国王の誕生日である月曜日の色)とピンク(国王の生年の干支である卯年生まれの人の影響力と健康を増進するとされる色)があふれていたバンコクの街で、黒服が目立つようになった。国王の姉のカラヤニ王女が2日に死去したことを受け、タイ政府が国民に黒服の着用を呼びかけたためだ。

 地上波テレビ局の多くは5日も王女の特別番組を放送。ロゴの色を黒に変える局も登場した。
《newsclip》