RSS

タイ国営PTTEP、バングラデシュで石油開発

2008年1月7日(月) 16時58分(タイ時間)
【タイ】タイ国営石油探査開発会社PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション(PTTEP)は7日、バングラデシュのベンガル湾の海底鉱区、ブロック17とブロック18の権益30%を取得すると発表した。同社がバングラデシュで原油・天然ガス開発を行うのは初めて。

 同鉱区はチッタゴン沖約150キロで、40—80キロ離れた場所に商業生産を行っているガス田がある。権益は仏トタル30%、英タローオイル32%など。

 PTTEPはタイ湾やミャンマー、ベトナムなどのほか、オマーン、イラン、エジプト、アルジェリア、バーレーン、オーストラリアなどで原油・天然ガス開発に乗り出している。
《newsclip》