RSS

タイの両手足切断死体、不明の邦人と確認

2008年1月11日(金) 15時49分(タイ時間)
【タイ】昨年12月26日にタイ東部チョンブリ県サタヒープの林の中でみつかった両手足を切断された遺体の身元が、DNA鑑定の結果、東京都の不動産会社経営、中園浩さん(67)であることが確認された。タイ警察はこれを受け、チョンブリ在住の日本人男性(53)を殺人容疑で取り調べる方針だ。事件を担当するチャーチャーイ警察中佐が明らかにした。

 中園さんは12月14日、現金350万円を持ちスワンナプーム国際空港からタイに入国し、その後、行方がわからなくなった。タイ警察は同18日、中園さんを空港で出迎えたとみられるチョンブリ在住の日本人男性宅を家宅捜索し、現金350万円などを発見。この男性をたばこの密輸容疑で逮捕し、取り調べを進めている。
《newsclip》