RSS

フグ漬けサラダで入院、タイ東部ラヨン

2008年1月15日(火) 19時09分(タイ時間)
【タイ】タイ東部ラヨン県で14日、漬けた魚とパパイヤのサラダを食べた女性がおう吐、しびれなどの症状を訴え入院した。地元の保健所が調査したこところ、漬けた魚は淡水フグで、県内の市場で販売されていた。タイ字紙コムチャットルクが報じた。

 タイ政府は2002年末にフグの輸入・販売を禁止したが、値段が安いことから、現在も一部のレストランや市場で食材として出回っている。昨年12月にも、バンコク近郊の市場で出荷前とみられるフグ5トンが押収された。
《newsclip》