RSS

調理用ガス販売大手ピクニック、会社更生手続き申請

2008年1月15日(火) 19時44分(タイ時間)
【タイ】調理用などに使用する液化石油ガス(LPG)の販売大手ピクニックは14日、タイ中央破産裁判所に会社更生手続きの適用を申請した。負債総額は約80億バーツで、昨年末時点で12億バーツ以上の債務超過に陥っているという。

 ピクニックは2002年に1.2億バーツだった総売上高が2005年に206億バーツになるという驚異的な成長を遂げ、創業社長がタクシン政権の閣僚を務めるなどした。しかし2005年に粉飾決算容疑で経営陣が刑事告発され、不透明な経営状況が表面化。2005年1月から2007年9月までに56億バーツの赤字を出し、経営破たんした。
《newsclip》