RSS

米キャッスル、サムイとプーケットでリゾート運営

2008年1月16日(水) 12時21分(タイ時間)
【タイ】ハワイを拠点とするホテル運営会社キャッスル・リゾート&ホテルは昨年12月にタイ南部サムイ島、今年1月1日にプーケットのリゾート施設の運営を開始した。

 サムイの「バーン・タリンガム・リゾート&スパ」はタイ湾を見おろす丘の上に建ち、客室数70。米ル・メリディアンから運営会社が変更になった。

 プーケットの「カタマンダ・ヴィラ」は2—6寝室のビラ40棟、滝のあるプール、テニスコートなどからなり、3寝室以上のビラにはプライベートプールが付設。
《newsclip》