RSS

タイ、「部分的自由」に昇格 米人権団体報告

2008年1月16日(水) 21時59分(タイ時間)
【東南アジア】米人権団体のフリーダムハウスは16日、世界の政治的権利、市民的自由の状況をまとめた年次報告書「Freedom in the World 2008」を発表した。各国・地域を「自由」「部分的自由」「不自由」の3段階に格付けしたもので、タイは昨年末の下院選挙が評価され、2007年版の「不自由」から「部分的自由」に昇格した。

 世界全体では、「自由」が90カ国・地域、「部分的自由」が60カ国・地域、「不自由」が43カ国・地域とされた。

 アジアでは、中国、北朝鮮、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、ラオス、ブルネイが「不自由」、マレーシア、シンガポール、フィリピンが「部分的自由」で、「自由」は日本、台湾、韓国、インドネシア、インドなどだった。
《newsclip》