RSS

タイ航空、ボーイング次世代機をリース

2008年1月16日(水) 22時55分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は16日の取締役会で、米ボーイングの次世代中型機787—9(通称ドリームライナー)10機のリースと、欧州エアバスのA321型機20機の購入を承認した。ドリームライナーは2012—2015年、A321は2012—2017年に導入し、域内・国内路線に使用する予定。タイ航空は国営企業のため、計画実施には閣議認可が必要となる。
《newsclip》