RSS

昨年のタイ二輪販売17%減、160万台

2008年1月18日(金) 12時05分(タイ時間)
【タイ】APホンダがまとめた2007年のタイの自動二輪車新車販売台数は、景気減速の影響を受け、前年比17%減の159万8876台だった。

 メーカー別のシェアは、ホンダ70%、ヤマハ23%、スズキ5%。スズキは販売台数が前年比47%減と大きく落ち込んだ。タイ資本のタイガーは88%減の1774台にとどまった。

 タイプ別ではファミリータイプが50%、オートマチック(AT)車が46%を占めた。

 APホンダは2006年まで、販売店への出荷台数を販売台数として集計していたが、2007年から販売実数に切り替えた。これにより、2006年の販売台数は当初発表の206.1万台から192.7万台に減少した。
《newsclip》