RSS

タイ西部のダム湖で男女7遺体、ミャンマー人密入国者か

2008年1月19日(土) 17時12分(タイ時間)
【タイ】タイ西部カンジャナブリ県のシーナカリン・ダムで17日から18日にかけ、子供を含む男女7人の死体がみつかった。タイ警察は、近くの国境からタイに密入国したミャンマー人がボートでダム湖を渡ろうとし、ボートが転覆してでき死した可能性が高いとみている。タイ国営テレビ局チャンネル9などが報じた。

 タイで不法就労するミャンマー人は100万人以上といわれ、主に製材所、精米所、港湾、漁船などで、タイ人が嫌う肉体労働に従事している。昨年12月には、密入国者を運んでいたとみられるミャンマー船がタイ南部ラノン沖で転覆し、22人の遺体が回収され、残る約30人が行方不明となっている。
《newsclip》