RSS

日本居酒屋じゃでてこないツマミ

2008年1月28日(月) 11時49分(タイ時間)

なんせ安くて、豊富なメニューでご用達の「PEKING」レストラン(昔の「老山東」)。スクンビット通りソイ26本店のオーナー夫人とはすっかり顔馴染みで、先日も“ぜひこれ食べてみて”とオススメの一品を教えてもらった。
山東省から直送の小魚を干して、白胡麻と唐辛子で味付けし、それを薄皮に包んで食べるらしい。特にナムチムとかソースはなし。一口食べてみると・・魚の甘味と唐辛子の辛味と胡麻の香味が見事にマッチ!昼間からビールが飲みたくなるほどの、最高の酒のアテ。いや?、こりゃたまらん。こんな見事なというか妙な(?)酒のツマミは、まず日本食やではでてこないだろうな、と思った。(中国料理の奥深い歴史を感じた一瞬でした)


ゆうり
《newsclip》

特集