RSS

クーデター指揮官、タクシン氏と電話で仲直り?

2008年1月30日(水) 15時43分(タイ時間)
【タイ】2006年9月のクーデターを指揮したソンティ前陸軍司令官(60)は30日、第3者の仲介で、タクシン元首相(58)と国際電話で話したことを明らかにした。ソンティ氏は「(タクシン氏とは)タイ軍士官候補生学校の先輩・後輩で、今もラックカンの(愛し合っている)間柄。また一緒にゴルフができる」と主張。数分間世間話をし、互いに他意のないことを確認したという。

 ソンティ氏は王室軽視、汚職などを理由にクーデターを起こし、タクシン政権を追放した。昨年12月の下院選挙でタクシン派が復権し、クーデターは否定された形となったが、ソンティ氏は、「民意は尊重するが、クーデターは必要だった」と述べた。
《newsclip》