RSS

道端でチムチュム

2008年2月8日(金) 05時15分(タイ時間)
ときどき出張で来タイする、いつも5ツ星に泊まってホテルのレストランで高級タイ料理を食べていた知人が、ようやく「ホテルのタイメシは不味い」と言い出した。

実はわたしも何度かご馳走になりながら、この10分の1の値段でもっとおいしいタイメシがごろごろしているんだよなぁ、と思っていたのだ。ご馳走になっているから言うに言えず。

昨日の北タイ料理に続いて、本日はイサーン料理をチョイス。昨日のお店も今回も、コンセプトは「観光で来た人はまず行けない」場所。

で、屋台の洗礼を受けていただくべく(とはいえ世界中で仕事をしている人なので、インドやらどこやらで汚いものも体験済み)、排気ガスむんむんのラチャテウィー駅そばのイサーン料理屋台へ。久しぶりに行って見たら、道路沿いぎりぎりに並んでいたテーブルが、駐車場の中に移動していた。

さて、チムチュム、ラープ・パムック、コー・ムーヤーン、カオニャオ・・・ など、定番イサーン料理をもりもり食べて2人で380B。えーと、いつもの20分の1?

ええっ? うまいよ、うまいよ、と言いながら食べる知人を見て満足でございました。

パーク・ペッが売り切れだったのがザンネン。是非トライしてもらいたかった。
《newsclip》

特集