RSS

北京レストラン

2008年2月10日(日) 19時39分(タイ時間)
 餃子がうまいと評判の北京レストラン。昨年から新しく登場した本格派北京ダックやフカヒレスープも好評で、平日・休日ともににぎわいを見せている。スクムビット通りソイ26の本店では、会食・接待に便利な個室がフル回転状態で、ネクタイにスーツ姿の日本人客をよく見かけるようになった。中国から招いた本場中国人シェフが腕を振るう年始のお勧めメニューとは?



 まず日本人の好きな高野豆腐を使ったサラダ。単なる箸休めのあっさりサラダかと思いきや、意外や意外、ごま油がよく効きいていて、味の強弱に驚く。つまむ手が止まらない。次にご飯のおかずにピッタリの茄子のスウィートバジル炒め。これがタイ料理だとホーリーバジル(バイ・ガパオ)を使うところ、あえてスウィートバジル(バイ・ホラパー)を使うことで、辛味を抑えて独特の香りの良さを生かしている。ニンニクの香りが食欲を増進し、ご飯があればおかわり間違いなしだ。


そして海老とマッシュルームのスープを一口いただいてみると、ほんのり漂うパクチーの香味とふわっと卵の白身でとじた優しい味に、心も身体も温かくなる。


 中国山東省から取り寄せた中国大根を使ったつくね揚げは、ビタミンCがいっぱいだそうで、見るからに女性ウケしそうな一品。また山東省からの直送魚を干して白胡麻と唐辛子でほどよく味付け、薄皮に包んで食べる小魚の皮包みは、どちらかというと酒のアテ系。魚の甘味と辛味が絶妙で、酒飲みの夜のお菓子みたいなものか。

 山東省の食材は、水質が良いところで育つゆえに栄養がたっぷり含まれているらしく、オーナーがこだわるのにも納得。日本人にもぜひ食してほしい、と力がはいる。定期的に入れ替わる新メニュー、今年も乞うご期待だ。

住所:1st Fl., Richmond Tower Soi Sukhumvit 26(Ari) Sukhumvit Rd., Bangkok

電話:0-2661-3008

営業時間:昼11時~夜11時、年中無休

 リッチモンドタワー2階駐車場利用可(お店のスタンプで駐車無料)、喫煙可、日本語メニューあり、個室(最大40名収容可)あり、1・2階合わせて約140名収容可、大型テレビ設置。

 料金目安:高野豆腐のサラダ100B、茄子のスウィートバジル炒め160B、海老とマッシュルームのスープ180B、中国大根のつくね揚げ180B、小魚の皮包み240B

 10名様以上の団体にはお得なコースメニューあり(3800B、5800B、6800B、8800B*いずれも12種類の料理。表示料金は、10名分の合計金額。ただし飲み物代は別途。)
《newsclip》

特集