RSS

特捜局長を左遷、タクシン派報復人事の序曲?

2008年2月24日(日) 10時33分(タイ時間)
【タイ】法務省特捜局(DSI)のスナイ局長が新設される公務員汚職防止撲滅委員会の事務局長代行に25日付で異動することが22日、明らかになった。スナイ氏は2006年9月のクーデター後、軍事政権によってDSI局長に任命され、クーデターで追放されたタクシン元首相の汚職捜査を指揮した。今回の人事は12月の下院選で政権復帰したタクシン派の報復の序曲とみられている。

 DSIの局長代行にはタウィー麻薬防止撲滅委員会副事務局長が就任する。タウィー氏はクーデターで解任されたソムバット・アモンウィワット前DSI局長に近いとされ、クーデター前はDSI副局長を務めた。ソムバット氏はソムポン・アモンウィワット法相の弟。
《newsclip》