RSS

タイの雑種犬、飼い主守り暴漢に撃たれる

2008年2月28日(木) 01時46分(タイ時間)
【タイ】タイ中部アントン県で26日、飼い主の工場労働者のタイ人女性タウィーさん(42)を助けるため暴漢に立ち向かったオスの雑種犬アイカー(14)がけん銃で撃たれ重傷を負った。タイ字紙タイラットなどが報じた。

 タウィーさんによると、オートバイで帰宅途中、知り合いの40代の男が若者と路上で口論しているところをみつけ、事情を聞いたところ、男がナイフをかざし襲い掛かってきた。タウィーさんは自宅に逃げ込んだが、男はトラックであとをつけ、タウィーさん宅に侵入し、タウィーさんの頭にけん銃を突きつけた。アイカーはこれをみて男に飛びかかったが、銃で顔などを2発撃たれた。男はその後、現場から逃走した。

 アイカーは動物病院に運ばれ銃弾の摘出手術を受け、一時心肺停止状態になったが、蘇生した。タウィーさんは、「アイカーは私の命を救ってくれた。死んだら本当に悲しい」と話している。
《newsclip》