RSS

ボルト盗まれ高圧鉄塔倒壊、バンコク郊外

2008年3月11日(火) 00時03分(タイ時間)
【タイ】少年グループが高圧線の鉄塔から転売目的でボルトやナットを取り外し、鉄塔が倒れて付近一帯が停電するという前代未聞の事故が発生した。事故があったのはバンコク都内ノンジョーク地区。7日に高さ50メートルの鉄塔が倒壊し、現場には鉄塔から抜き取られたボルトやナットがビニール袋に入ったまま残されていた。

 容疑者は近くに住む17歳の少年3人と少女1人のグループで、スクラップ業者に転売する目的でボルトやナットを取り外していたところ、鉄塔が倒壊してきたので逃げ出したという。4人はこれまでにも同じよう高圧線鉄塔の部品を盗み、1400バーツで売ったことがあると供述している。

高圧線を管理しているタイ発電公社によると、鉄塔の再建工事には約1000万バーツの費用がかかるという。

 中部パトゥムタニ、アユタヤ、東部チョンブリなどの地方都市でも、倒壊には至っていないものの同様の犯行が報告されており、警察はスクラップの買い取り業者が関与している可能性もあるとみて捜査を進めている。
《newsclip》