RSS

タイで初の野兎病感染

2008年3月18日(火) 01時13分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省は17日、昨年10月に南部プラチュアブキリカン県で死亡した女性が、野兎病(やとびょう、Tularemia)に感染していたことを明らかにした。タイで野兎病の感染・死者が確認されたのは初めて。

 この女性は昨年7月から発熱などの体調不良を訴えて入退院を繰り返し、10月に高熱と足の腫れがひどくなって死亡した。

 野兎病はヒト、ウサギ、プレーリードッグなどに感染する人畜共通の感染症で、主に北米やヨーロッパなど北半球で発生する。野兎病菌は感染力が極めて強く、米国では炭そ菌などと並び生物テロに利用される可能性がある病原体としてリストアップされている。
《newsclip》