RSS

マレーシア首相、辞任説を否定

2008年4月2日(水) 22時46分(タイ時間)
【マレーシア】国営ベルナマ通信によると、マレーシアのアブドラ首相は2日、地元メディアが報じた辞任説を否定し、「メディアはわたしが辞任したがっていると憶測しているが、なぜわたしは辞任しなければならないのか」と反論した。

 アブドラ首相は3月初めに行われた総選挙で歴史的な敗北を喫したが続投。このため、マハティール前首相が「責任を取って辞任すべきだ」と公言したのをはじめ、与党内からも責任論が浮上していた。

 与党連合の国民戦線(BN)は、下院(定数222)の総選挙で140議席を獲得したにとどまり、野党に大躍進を許していた。
《newsclip》