RSS

タイ軍御用達占い師、5月政変予言

2008年4月6日(日) 03時44分(タイ時間)
【タイ】タイ軍幹部の顧客が多いことで知られる著名占い師のワーリン・ブアウィラットルートさんが「5月政変」を予言し、物議をかもしている。タイ字紙タイラットなどが報じた。

 ワーリンさんはタクシン政権を追放した2006年クーデターを指揮したソンティ前陸軍司令官から深く信頼され、「軍政付占い師」(タイラット)の異名がある。クーデター後、タクシン元首相の妻のポジャマンさんにソンティ司令官との関係修復を依頼されるなど、政官界トップとの人脈も豊富だ。

 今回の予言の内容は、タクシン元首相と一時は「タクシン氏の代理人」と公言したサマック首相の反目、流血、国会解散、サマック内閣退陣、アヌポン陸軍司令官による権力掌握など。あくまで「可能性がある」という範囲だが、軍政が導入した憲法の改正やタクシン派政党の解党をめぐり、親・反タクシン派のせめぎ合いが激しさを増している最中だけに、地元メディアは大きく報じた。

 ワーリンさんはこの予言と関連し、6、7日に北部チェンマイで仏教儀式を行う予定で、軍幹部が参加する可能性があるという。

 予言についてタクシン元首相は5日、「クーデターを考えている人はいないのではないか」と述べ、また、占い師の言葉を真剣に受け取るべきではないという考えを示した。
《newsclip》