RSS

創作の枠を超えたSushi

2008年4月11日(金) 08時15分(タイ時間)

BacchusのSushiメニューから自慢の品を2品紹介します。

★コンソメの煮こごり (2貫で120B)
 スッポンの煮こごりの要領でワインに合うものを作れないかと考えたあげく、コンソメに行き着きました。早速シェフが時間をかけて丁寧にコンソメを作りこれを軍艦巻きで食べると口の中でじわっとコンソメが溶けて山葵のと黒こしょうが混ざり合いかなりいけます。そこでまた白ワインをごくっと飲む。至福の時間です。

★ブイヤベースの煮こごり (2貫で120B)
 コンソメの煮こごりがあまりにもおいしいので2番手をつくろうと思いついたのがブイヤベースです。ブイヤベースとは世界三大スープのひとつでフランスマルセイユの郷土料理で魚を使ったスープのこと。本来的には入れる魚も決まっていて、しかも短時間でつくるものらしいのですが、それだとなかなかコクや旨みはでませんので、フランス料理の基本の魚のだし、フュメ・ド・ポワソンをこしらえ、貝を入れ最後にサフランを入れてじっくり煮込みました。旨みが凝縮していますのでとてもおいしいです。当にワインと良く合います。コンソメより味に深みがあるので後からブイヤベースを食べるとおいしく感じます。

食べた人の多くは驚いてくれます。他店にはないオリジナルのSushi。創作というと変化球的なイメージで見た目はきれいだけど味はいまいち。。。といった感がありますが、この2品は味も保証付きです。是非ワインと一緒に。これと合うワインはフランスのサンセール(ソービニオンブラン)かイタリアのソアベあたりが良く合います。
《newsclip》