RSS

NEC、シンガポール—ジャカルタの光海底ケーブル受注

2008年5月13日(火) 14時12分(タイ時間)
【シンガポール、インドネシア】日本電気(NEC)は13日、シンガポールとジャカルタ、インドネシアのポンティアナク(カリマンタン島)を結ぶ光海底ケーブルシステム(総延長約1300キロ)をインドネシアの通信会社インドサットから一括受注したと発表した。光波長多重(WDM)方式を採用し、伝送初期容量は毎秒160ギガビット(Gbps)で、最大640Gbpsまで拡張が可能。

 NECは2002年にタイ—インドネシア—シンガポール間、2004年にインドネシア—マレーシア間、2005年にインドネシア国内の海底ケーブルを受注、完成させている。
《newsclip》