RSS

タイ古典文学の登場人物像から笛消える

2008年5月20日(火) 03時44分(タイ時間)
【タイ】タイ東部ラヨン県クレン郡のクラム村にあるスントンプー記念公園で19日、プラアパイマニーの彫像から縦笛の部分が何者かに盗まれているのが見つかった。タイ字紙タイラットが報じた。

 スントンプー(1786—1855)はラマ2世時代を中心に活躍したタイで最も有名な詩人・劇作家で、その代表作とされる「プラアパイマニー物語」はタイ屈指の古典文学作品とされる。スントンプーの誕生日である6月26日は「文芸の日」とされ、生誕地のクラム村では毎年様々な催しが行われる。
《newsclip》