RSS

タイのクメール遺跡石像、破壊される

2008年5月22日(木) 02時20分(タイ時間)
【タイ】5月20日朝、タイ東北部ブリラム県のパノムルン歴史公園で、石宮を取りまく石像の数々が破壊されているのが見つかった。タイ字紙タイラットが報じた。

 破壊されたのはナーガ像、門神像、獅子像、リンガ像などで、ナーガ像は作製当時のままのもの4体、修復されたもの2体の計6体の頭部が壊された。

 石像の破壊は複数犯によるとみられ、警察は建物の建設を巡って公園当局とトラブルを起こしていたとされる商店主や政治家を調べるとともに、犯行現場に落ちていたタバコの吸い殻や水のボトルから実行犯の割り出しを進めている。

 パノムルン歴史公園はピマーイ遺跡やカオプラウィハーン遺跡と並ぶタイ東北部の代表的なクメール遺跡。石宮のあるパノムルン山からは遠くにカンボジアの風景を見渡すことができる。
《newsclip》