RSS

「クーデターあるかも」6割、バンコク首都圏世論調査

2008年5月22日(木) 14時02分(タイ時間)
【タイ】タイの私立アサンプション大学(ABAC)が5月20、21日にバンコク首都圏の有権者を対象に実施した調査(回答者2008人)で、「クーデターが起こるかもしれない」との回答が全体の60.6%、「憲法改正の動きで政争が激化する」が61.5%に上った。

 サマック首相の支持率は21.4%で、2月の政権発足時の45.4%から急落。2月に36.8%だった不支持率は47.3%に上昇した。サマック首相は「交代させるべき閣僚」でも39.5%で1位となるなど、バンコク都民の支持が急速に衰えている。
《newsclip》