RSS

またビンゴ@Bull's head pub

2008年8月13日(水) 01時14分(タイ時間)
仕事帰りにふらっとBull's Head。毎週木曜日はビンゴの日(他の曜日も何かしらやっているけれど)。

一人でビールを飲んでいたら、ときどき顔を合わせる某大企業の駐在員の御仁(日本人)がやってきて、「辞令出ちゃったよー、どーしよー」と。

日本の家狭い
満員電車とかきつい
足踏んでおいてエクスキュゼモワがない
つか、日本寒すぎ

とか、そういう「どーしよー」なわけです。うんうん、すごいわかりますよー、と一緒になって、いかに日本の家が狭いか、何度を切ったら身体が動かなくなるか、とかそんなことを話していた。

たまたま隣にいたオーストラリア人に見えるイギリス人のおじさんが「おー、君たちは日本人か。ところで何の話をしているんだい(言い争っているように見えるけれど)」と、混ざってきた。

「いかにして日本で生き抜くかについて話しているんだよ」

と、そのおじさんも交えて、東京のパブ論。六本木の交差点からどうのこうの。しまいには文化論やらアイデンティティの形成についてあーだこーだてきとーなことをおしゃべり。

なんなんだこの気楽さは。どんどんビールが進むではないか。

バンコク女一人でパブ、それだけはできないなー、と思って5年。最近それをやっている自分がいます。女としてどうなの、これ。

ちなみにこの日は、ビンゴでサメット島リゾート2泊3日を当てました。隣にいたファランのおねーさまにあげちゃったけど。
《newsclip》


新着PR情報