RSS

イサーンセットが大好評の汽車レストラン

2008年9月28日(日) 22時58分(タイ時間)

この近所に宿泊される知り合いの駐在員さんのオススメで連れて行ってもらったのが、ソイ11アンバサーダーホテル向かいの「Rot Sabieng(ロット・サビアン)」。
洋館をイメージする綺麗な建物の前が屋外レストランスペースになっていて、生バンド演奏、さらには大きなプロジェクタースクリーンを設置。お店の中央には、店の由来と思われる食堂車両(タイ人に“ロット・サビアン”の意味を聞くと、台所を併設した電車車両と言われた)。こういったお店に集まるのは、ファラン客と(恐らくバー勤めの)英語堪能なお姉さまタイ人たち。静かに飲むお客さんが多く、けっこう落ち着いた雰囲気。
席についてパタンとメニューをめくったページで、たまたま目に付いたのが、ソムタム、ガイトート、豚のソーセージと豚肉ミンチの和え物(ムー・ナムトック)4種類が盛り合わせになったイサーンセット(390B)。
お得ですね、試してみましょうか、と早速オーダー。その他、定番メニューの海老のすり身あげ、野菜炒めなど。(日本からの出張者の方、イサーンセットの全種類を摘まれた後、“辛い、辛い”と汗を掻いていらっしゃいました。笑)
今まで軽くスルーしていたこのお店、意外に穴場でした。雨期までに、もう何度か行きたいな♪


ゆうり

場所はこちら(バンコクぐりぐりマップ)
《newsclip》


新着PR情報