RSS

チャオプラヤ川に2遺体、タクシン派か

2009年4月15日(水) 22時53分(タイ時間)
【タイ】15日午前、20代の男性2人の死体がバンコク都内のチャオプラヤ川に浮いているのが見つかった。猿ぐつわをはめられた上、後ろ手に縛られ、頭を鈍器で殴られた跡があり、警察は殺人事件として捜査する方針。タイ国営テレビ局チャンネル9が報じた。

 調べによると、2人は都内の企業の警備員で、タクシン元首相派団体「独裁追放民主主義同盟(UDD)」(通称スアデーン=赤シャツ)の支持者だった。13日未明、UDDによる首相府の包囲に参加すると言って、勤務先からバイクで出かけ、以来、行方不明になっていた。
《newsclip》


新着PR情報