RSS

バンコクの一家5人殺害、タクシー運転手2人を逮捕

2009年4月19日(日) 16時34分(タイ時間)
【タイ】4月11日にバンコク都内ラープラオ区の民家で住人5人の他殺体がみつかった事件で、タイ警察は18日、タクシー運転手の男2人を強盗・殺人容疑で逮捕したと発表した。タイ字紙タイラットが報じた。

 2人はワナチャイ容疑者(58)とパリタット容疑者(52)で、被害者の携帯電話を転売したほか、アパート自室からスタンガン、被害者宅の見取り図、ゴム手袋などがみつかった。パリタット容疑者は過去に殺人で10年服役し、ワナチャイ容疑者は強盗容疑で取り調べを受けたことがある。パリタット容疑者は今回の犯行を認めている。

 犯行があったのは家具工場や不動産会社などを経営するタナヨッドさん(52)宅で、1600平方メートルの敷地にヨーロッパ風の2階建て家屋が建つ。タナヨッドさんの自家用車が路上に放置されていたという連絡を8日に受けた義弟が様子を見に行き、家の中でタナヨッドさんと妻のカノクカーンさん(48)、長女のサシマーさん(17)、長男のタナワットさん(15)、家政婦のサムローンさん(47)の5人の遺体を見つけた。

 パリタット容疑者の供述によると、容疑者2人は4日夜、タナヨッドさん宅の呼び鈴を押し、出てきたサムローンさんに「タナヨッドさんに会いたい」といって中に入り、サムローンさんを銃で脅し縛り上げた上、首を絞めて殺害した。さらに2階にいたタナワットさんを銃で殴って縛り、抵抗したサシマーさんをけん銃で射殺。約30分後、自家用車で帰宅したタナヨッドさん夫妻のうち、タナヨッドさんを射殺、カノクカーンさんに金庫の番号を教えるよう脅したが、「知らない」と言ったので絞殺した。その後、現金2万バーツ、携帯電話、ノート型コンピュータなどを奪い、タナヨッドさんの車で逃走した。

 警察はパリタット容疑者の供述について、タナヨッドさんに関する情報をどうやって得たのか不透明で、コンピュータを盗み出すことに執着した点も不審として、さらに詳しく捜査する方針。タナヨッドさんとビジネス上のトラブルを抱えていた何者かが容疑者に殺害を依頼した可能性があるとみているもようだ。
《newsclip》


新着PR情報