RSS

タイ社が日本で衛星ブロードバンド、全都道府県で1年無償トライアル

2009年4月20日(月) 14時26分(タイ時間)
【日本】ブロードバンド(高速大容量通信)通信衛星IPスター(タイコム4)を使った通信事業をアジア太平洋地域で展開するIPスター(東京都渋谷区)は 17日、衛星ブロードバンドのデモ機1セットと、それを利用したサービスを、希望する全都道府県に1年間無償提供すると発表した。都道府県内の市町村のデジタル・ディバイド解消施策担当者、ブロードバンドが利用できない地域に住む住民への利用体験機会の提供が条件で、アンテナ、モデムなどサービスの利用に必要な機器一式30万円相当を貸与するほか、最大通信速度1Mbps/512Kbps、月額4500円相当のサービスを提供する。

 IPスターはタイの通信衛星会社タイコムの日本子会社で、日本国内のこれまでブロードバンドサービスが利用できなかった地域向けに、4月から衛星ブロードバンドサービスの提供を開始した。6月までの料金は月3000円から。

 タイコムはIPスターなど通信衛星4基を所有・運営。タイのタクシン元首相が創業し、2006年に親会社のシンごとシンガポール政府の投資会社テマセクに売却された。2008年決算は総売上高71.5億バーツ、最終赤字7.1億バーツ。
《newsclip》


新着PR情報