RSS

第1四半期のタイ広告支出2.5%減

2009年4月20日(月) 20時08分(タイ時間)
【タイ】米系調査会社ニールセン・メディア・リサーチ・タイランドがまとめた1—3月のタイの広告支出(以下全て推定)は前年同期比2.5%減の203億1500万バーツだった。

 媒体別ではテレビが120億5500万バーツ(前年同期比2.3%増)、ラジオ13億2200万バーツ(12.3%減)、新聞31億7300万バーツ (12.6%減)、雑誌11億2700万バーツ(14.2%減)、映画館9億6100万バーツ(1.8%減)、野外10億1000万バーツ(7.4% 減)、移動体4億4000万バーツ(38.4%増)、インターネット(タイの上位10サイトのトップページ)4200万バーツ(2.3%減)——。 広告主別では英蘭系消費財大手ユニリーバが1位で10億7100万バーツ(2008年1—3月11億3300万バーツ)。2位は独化粧品バイヤスドルフ5 億5470万バーツ(同2億4720万バーツ)、3位は米消費財大手プロクター&ギャンブル(P&G)で4億550万バーツ(同4億4380万 バーツ)。トヨタ自動車は2億3530万バーツ(同4億5000万バーツ)で10位。 3月の広告支出は前年同月比5.3%減の74億 3200万バーツだった。媒体別でみると、テレビが43億4600万バーツ(前年同月比1.4%減)、ラジオ5億1100万バーツ(10.7%減)、新聞 12億7300万バーツ(13.8%減)、雑誌3億8600万バーツ(23.9%減)、映画館3億6000万バーツ(15.8%増)、野外3億3300万 バーツ(8.8%減)、移動体1億4000万バーツ(10.2%増)、インターネット1500万バーツ(11.8%減)——。
《newsclip》


新着PR情報