RSS

09年GDP1.5—3.5%減、タイ中銀が下方修正

2009年4月22日(水) 11時10分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行は22日、今年の国内総生産(GDP)見通しをこれまでの前年比0—2%増から1.5—3.5%減に、2010年の見通しを2—4%増から1.5—3%増に下方修正した。

 タイの今年のGDPについては、世界銀行が2.7%減、アジア開発銀行(ADB)が2%減、国際通貨基金(IMF)が2—4%減を予想。タイ財務省は3月末にそれまでの1%増を2.5%減に下方修正した。また、コーン財務相は今月15日、タクシン元首相支持派と治安当局の衝突で経済状況がさらに悪化し、GDPが4.5—5%減まで落ち込み、失業者が200万人に達するという見通しを示した。
《newsclip》


新着PR情報