RSS

シンガポール政府、豚インフルエンザ防止へ対策強化

2009年4月28日(火) 08時32分(タイ時間)
【シンガポール】メキシコなどで豚インフルエンザによる死者が増えていることを受け、シンガポール政府は28日までに、チャンギ国際空港で米国方面から到着する旅客を対象にした体温検査を行うなど、対策を強化した。

 一方、世界保健機関(WHO)は、豚インフルエンザが食べ物を通じて感染することはなく、加熱処理された豚肉を食べても心配ないとしているが、消費者からは輸入豚肉に対する懸念の声が出ている。シンガポールでは現在メキシコから豚肉の輸入はない。
《newsclip》

特集



新着PR情報