RSS

タイ首相潜伏先で兵士が不審死

2009年4月28日(火) 11時43分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内にあるカニット・タイ陸軍第1管区司令官の官舎で勤務していた男性兵士(22)が15日に死亡し、死因をめぐり様々な憶測が飛び交っている。タイ字紙タイラットなどが報じた。

 死亡した兵士は14日、官舎のトイレで転倒したとして、病院に送られ、翌日死亡した。頭を強く打ったことが死因とされている。

 カニット司令官の官舎には12、13日、アピシット首相とステープ副首相が滞在した。首相はパタヤで開かれていた東南アジア諸国連合(ASEAN)と日本、中国、韓国などの首脳会議が11日、タクシン元首相派のデモで中止に追い込まれた後、カニット司令官の官舎に身を潜め、12日にバンコクなど中部6都県に非常事態宣言を発令。13日に軍が出動し、都内の主要道路を封鎖したタクシン派を強制排除した。
《newsclip》


新着PR情報