RSS

タイへの外資投資申請、資本金ベースで1—3月7割減

2009年4月30日(木) 12時56分(タイ時間)
【タイ】タイ投資委員会(BOI)が1—3月に受理した投資恩典申請は前年同期比28%減の228件、投資予定額は6%増の1222億バーツだった。

 申請があった事業の資本金の合計は16%増の273億バーツで、タイ資本が83%増の240億バーツに伸びる一方、外資は68%減の33億バーツに落ち込んだ。国・地域別では日本6億バーツ(2008年1—3月25億バーツ)、欧州11億バーツ(同27億バーツ)、シンガポール1億バーツ(同37億バーツ)、台湾1億バーツ(同7億バーツ)——など。

 申請があった事業の業種別投資予定額は農産物77億バーツ(同65億バーツ)、鉱物・セラミック37億バーツ(同99億バーツ)、軽工業9億バーツ(同41億バーツ)、金属加工61億バーツ(同108億バーツ)、電気・電子23億バーツ (同178億バーツ)、化学・プラスチック・紙18億バーツ(同74億バーツ)、サービス・公益事業(観光、ホテル、病院、物流センターなど)998億バーツ(同588億バーツ)。

 BOIが1—3月に投資恩典付与を認可した事業は213件(同274件)、投資予定額は前年同期比26%減の324億バーツだった。
《newsclip》


新着PR情報