RSS

工業生産指数の下げ幅縮小 3月のタイ中銀経済報告

2009年4月30日(木) 17時34分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行がまとめた3月の月例経済報告(速報値)で、工業生産指数(MPI)は前年同月比マイナス15.4%(前月比プラス2.5%)と、1 月のマイナス21.1%、2月のマイナス20.3%からやや回復した。設備稼働率は61.7%で、こちらも1月の57.1%、2月の54.6%から上昇に転じた。

 MPIを業種別でみると、自動車がマイナス47.5%、家電がマイナス36.8%、鉄鋼がマイナス47.5%、エレクトロニクスがマイナス12.8%、食品がマイナス10.6%、化学がプラス2.9%だった。

 民間消費指数(PCI)はマイナス4.9%(2月マイナス7.1%)、民間投資指数(PII)はマイナス15.7%(同マイナス14.2%)。

 貿易額は輸出が22.7%減の114.3億ドル、輸入が35.1%減の92.6億ドルだった。

 タイ中銀は報告の中で、景気後退が続いているものの、製造、観光などに回復の兆しがみえると評価したが、4月半ばの反政府デモと強制鎮圧で観光は再度落ち込むと予想される。
《newsclip》


新着PR情報