RSS

マスク配布、タミフル追加発注 タイでも新型インフル対策

2009年5月2日(土) 16時56分(タイ時間)
【タイ】バンコク都庁は5月1日、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)対策の一環として、街頭で旅行者やタクシー運転手にマスクを無料配布した。計10万枚を用意し、一般市民へは区役所や保健所で配る。

 タイでは1日現在、新型インフルエンザの感染は確認されていないが、タイ政府は対策委員会を設け、情報収集、監視に当たっている。また、タイ保健省は抗インフルエンザ薬タミフルの備蓄を現在の約400万錠から600万錠に増やす方針だ。

 世界保健機関(WHO)が1日までに確認した新型インフルエンザの感染者数は15カ国・地域の615人で、メキシコ397人、米国141人、カナダ34人、スペインと英国が各13人、ドイツとニュージーランドが各4人、イスラエル2人、香港、韓国、オーストリア、デンマーク、フランス、オランダ、スイスが各1人。死者はメキシコ16人、米国1人。

 日本の外務省は新型インフルエンザ対策として、▽手洗い、うがいの励行▽食料、水、医薬品などの備蓄の確認▽外出の際のマスクの着用——などを挙げ、発熱や咳などインフルエンザと似た症状がみられた場合には迷わず現地の医療機関の診療を受けるよう呼びかけている。
《newsclip》


新着PR情報