RSS

タイのチクングンヤ熱、感染者1.8万人

2009年5月14日(木) 12時50分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省によると、1月1日—5月8日にタイ国内で確認されたチクングンヤ熱の感染者数はバンコクなど19都県の1万8435人だった。死者は報告されていない。感染率はナラティワート県(10万人当たり906.5人)、ソンクラー県(同551.7人)、パタニー県(同461.3人)、ヤラー県(同327人)など深南部で高くなっている。また、女性の感染率が男性より4割高い。

 チクングンヤ熱は蚊により媒介されるウイルス性の伝染病。症状は発熱、悪寒、頭痛、おう吐、関節痛、発疹など。
《newsclip》


新着PR情報