RSS

新型インフル、マレーシアでも

2009年5月15日(金) 13時57分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア保健省は15日、米国から13日に帰国した21歳の男性が新型インフルエンザ(A型H1N1)に感染していることが明らかになったと発表した。スター(電子版)が伝えた。

 男性は13日にニューヨーク発クアラルンプール行きのマレーシア航空91便で帰国し、14日に発熱やのどの痛みなどを訴えて入院。検査の結果、H1N1型のウイルスに感染していることが確認された。男性は帰国当時、まだ症状を訴えていなかったため、空港での検疫を通過していた。

 保健省では同便の乗客に対し、至急保健省に連絡を取るように呼び掛けている。
《newsclip》


新着PR情報